5000形 概要紹介
1.輸送の記録(1)
2.輸送の記録(2)
3.輸送の記録(3)
4.輸送の記録(4)
5.輸送の記録(5)
6.輸送の記録(6)
7.輸送の記録(7)
8.輸送の記録(8)
9.輸送の記録(9)
10.輸送の記録(10)
11.輸送の記録(11)
12.輸送の記録(12)
13.輸送の記録(13)
14.輸送の記録(14)
15.輸送の記録(15)
16.輸送の記録(16)
17.輸送の記録(17)
18.輸送の記録(18)
19.輸送の記録(19)
20.輸送の記録(20)
特集5000形 5002号リレー中継(19)
大阪⇒長崎 輸送の記録(19)
搬入作業(5) 
※お願い 当ページへの直接リンクはご遠慮ください
リンクは 「長崎の路面電車」ホームページTOPページへお願いします


 前に戻る  つづきを見る

 2012年2月6日(月) 
車庫側の柱からワイヤーが張られ、ジャッキを使って車体を引っ張り線路へ降ろす作業が始まる。手前のスロープレールは鉄道模型のNゲージのリレーラーのような役目。仮設の輸送用レールから長崎の線路へ車両を滑り降ろしていきます。
 
 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)
 
 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)
 
車体後部は運搬してきたトレーラーとワイヤーを結び車両の滑走を防ぐブレーキ役
こちらもジャッキで少しづつ緩めながら車両を進めていく

(画像提供:長崎電気軌道)
 
更に歯止めを噛ませながら慎重に少しづつスロープレールを
を滑り降りていく


 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)
 
(画像提供:長崎電気軌道)
 
 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)
 
 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)

 スロープレールの一番下まで降りたところ


 (撮影:崎戸 秀樹 ※当サイト管理人)

 前に戻る  つづきを見る

 「長崎の路面電車」ホームページTOPページに戻る