さようなら軽快電車2002号
1980年〜2010年 3月31日引退
特記以外の撮影:崎戸 秀樹 情報提供:長崎電気軌道
1.デビュー当初 2.活躍した時代 3.近年 4.最後の
貸切運転
その1 その2
5.さようなら
運転



■3000形との競演(2004年3月)
デビューしたばかりの3001号と2001号の離合。既に「軽快電車」プレートは装着していない。
2001号は2006年カラー電車化され、現在、このような離合風景は撮影できない
(2004年3月29日 長崎大学前)
2004年7月17日 全検で台枠剥き出しになった台車

■3000形ローレル賞受賞式(2005年11月19日)
2000形に続く新造車3000形もローレル賞を受賞、記念運行は3001、2001号の2両で行われた。(上:浦上車庫での受賞式、下:大学病院〜浦上駅前間)
■近年
近年、2002号は「長崎西洋館」のカラー電車でこの緑一色時代が長かった。
(2004年8月15日 浦上車庫前)
2006年から2001号も同色の広告電車となった。
(2006年8月12日 岩屋橋)
浦上車庫で偶然並んだ2002、3003、207(ビール電車 塗装中) 2007年6月10日

■最期の姿(2009〜2010年)
2002号は機器故障の為2008年〜2009年まで1年近い長期休車となり、2009年3月に塗装変更して復帰した。運転席横の前面窓が開閉式に改造されている。
(2009年10月10日 浦上車庫前)
リニューアルされた2001号、屋根上機器の違いがよく判る(2009年5月24日 浦上車庫)
下画像は左2002号とリニューアル後の2001号
福岡県の西鉄筑紫工場内の西鉄テクノサービスでリニューアルを終え、長崎へトレーラーで輸送中の2001号。(2008年6月23日 佐賀県基山町のガソリンスタンド)

■2009年「路面電車まつり」で展示された2002号」
(2009年11月15日)

最後の華やかな舞台となった

■リニューアルされ活躍を続ける2001号
今後も残る2001号は2008年に大規模なリニューアル。
空調装置の更新、オールロングシート化で大きく印象が変わった。
(2009年5月2日 出島〜大波止間)
2009年5月2日 3000形と並んだ2001号
2001号はオールロングシートに改造されている。


1.デビュー当初 2.活躍した時代 3.近年 4.最後の
貸切運転
その1 その2
5.さようなら
運転
「長崎の路面電車」ホームページTOPページに戻る