さようなら軽快電車2002号
1980年〜2010年 3月31日引退
特記以外の撮影:崎戸 秀樹 情報提供:長崎電気軌道
1.デビュー当初 2.活躍した時代 3.近年 4.最後の
貸切運転
その1 その2
5.さようなら
運転

昭和55年(1980年)8月 
国内では久しぶりに新技術を盛り込んで
登場した「軽快電車」2000形
2両のうちの1両が
デビューから30年目の春引退しました。


開発の経緯
低騒音・低振動で乗り心地が良く、運転操作の簡単な21世紀の乗り物として通用する高性能な近代的路面電車を「軽快電車」と名付けて開発する事になり。1977年(昭和53年)から3ヵ年計画で、旧運輸省の指導のもとに(財)日本船舶振興会の補助事業として、(社)日本鉄道技術協会が開発委員会を設け、学識経験者、監督官庁、メーカー、ユーザーが参加。長崎電気軌道も参加していた。
開発最終年の1980年(昭和55年)。軽快電車の構成要素を組み込んだ補助金による3車体連接車(3500形)が広島電鉄で試験走行するに至りましたが、全国的に需要が高いと見られる「単体」(ボギー車)の路面電車は図面上の検討のみであった為、他軌道事業者の車両計画の見本の意味を込めて、初の実用車として2000形2両を制作。
開業65周年を記念し、搬入1週間後の長崎の原爆の日である8月9日に運行開始した。
 これが後の熊本市電8200形、広島電鉄800形軽快電車の発端となった。
(長崎電気軌道「ふりかえる二十年のあゆみ」より)
2000形と同期の広島電鉄3500形 2000形をベースとした広島電鉄800形


■デビュー前(1980年)
1980年6月26日 アルナ工機 1980年7月 川崎重工
路面電車としては極めて異例で車両メーカーで公開された2001号
製造は車体はアルナ工機(現アルナ車両)、組み立ては川崎重工で行われた。
(画像提供:長崎電気軌道)

■搬入(1980年8月2日)
7月31日川崎重工を発送。大阪港→小倉港(フェリー)、小倉港→浦上車庫(陸送)で8月2日早朝長崎に到着した。
(1980年8月2日 浦上車庫)共に2002号

■試運転(1980年8月5〜8日)
8月5日に公式試運転。
続いて
8月6日〜8月末まで
全運転手の熟練運転が行われた。
これは2000形がワンハンドル、電気指令式空気ブレーキとこれまでにない運転取り扱い方式であった為。
8月9日には蛍茶屋車庫で出発式が行われ、営業運転に就いた。
(上、大学病院前、下浦上車庫前)

■鉄道友の会 ローレル賞受賞式(1981年8月2日)
「初の実用車」という点が評価され、昭和56年度の鉄道友の会「ローレル賞」を受賞した。
長崎電気軌道初受賞で、後に3000形も受賞している。
同時デビューの新型路面電車、広島電鉄3500形、名鉄880形を抑えての受賞となった。
搬入からちょうど1年後の8月2日に多くの鉄道ファンの前で受賞式が行われた。
(1981年8月2日 浦上車庫)
2001〜168〜2002の順で記念運行が行われ、終了後3両並べての撮影会が開催された。
168号はまだ緑塗装の復元工事前で、2000形に引けを取らない走りを披露した。
長崎駅前で偶然離合する2両(1981年8月2日)

前面のヘッドマークの他、車内記念プレートにも花が添えられ、受賞を祝していた。

■精霊流し輸送(1981年8月15日)
昭和56年の精霊流し輸送では、唯一、168号との競演が実現した。
精霊流し輸送に毎年のように登場していた168号もこの年が最後の活躍。
今では考えられない1枚。



1.デビュー当初 2.活躍した時代 3.近年 4.最後の
貸切運転
その1 その2
5.さようなら
運転
「長崎の路面電車」ホームページTOPページに戻る