作者プロフィール
崎戸 秀樹
1966.12.7 生まれ(長崎の電車 500形と同級生です)
長崎市出身 現在は福岡市在住
幼い頃よりSLなどに興味を持つ

(写真:長崎機関区で全廃間近なSLによく乗せてもらっていた
     長崎機関区でD51と作者)
昭和53年、小学校最後の夏休みに自由研究の課題で
浦上車庫を訪問路面電車の魅力に目覚める
以来、毎年自由研究の課題として手書き本を製作
※詳細はホームページ製作前史を参照ください

(写真:浦上車庫で出会った古い電車、現役を退いたばかりの168号と作者)
昭和59年、高校3年生の時初の個人出版本
長崎電軌現役車両1984を出版
自主流通で長崎市内書店で販売し2ヶ月で完売
(この本は当サイトの長崎の路面電車 現役全車両 データベース1984/2004のデースとなっています)
昭和62年、大学3年生の時、2冊目の個人出版本
長崎の路面電車を出版

(この本は当サイトの長崎の路面電車 歴代全形式 データベースのデースとなっています)

自主流通で長崎市内書店、東京の書泉グランデで販売
既に完売

昭和62年12月には168号による「出版記念号」が長崎市内全線を走行。車内では出版記念イベントが行われた。
昭和63年夏、大学4年生の時、初の海外進出
西日本新聞社が募集した「学生のための夏休み海外遊学生」
に450人の応募者の中から選ばれ、
ヨーロッパの路面電車を4カ国7都市視察した回った。

視察を基に卒業研究論文をまとめ、昭和63年度日本建築学会九州支部長賞受賞
平成元年 長崎の大学を卒業後 創刊当時のタウン誌「ながさきプレス」の編集スタッフとなる
※以来、同誌の基礎づくりに参加。5年に渡り本誌、旅行ガイドブックなど製作に携わる。

平成5年 国内旅程管理主任者資格取得
福岡市に移住し転職。JR九州、近畿日本ツーリスト、阪急交通社、西鉄旅行などの国内添乗員として日本全国を飛び回る。

平成7年 現在の印刷会社に転職。
JR九州、リクルートを中心に本、パンフレットなどの企画編集職に。

‥と言う事で、実は福岡に移住してはや12年。
しばらく仕事の都合などで休止していた趣味活動を平成15年12月の
当サイト開設を機に再開しました。

TOPページに戻る


管理人へメールでを送りたい方。。
※迷惑メール対策の為、メールソフトが立ち上がったらアドレスの一部を修正ください。
「コム→comに修正してメール送信ください」
リンクについてのお願い