長崎の路面電車 情報データベース 2008年7月〜12月
管理人が集めた長崎の路面電車に関する情報データベースです
長崎電気軌道(株)の公式情報、報道各社のニュース記事の他
友好関係のサイト、当管理人独自の情報源の中から
信頼性ある情報のみをセレクトし掲載しています。
過去のニュースファイルを見る(2002年〜2006年の報道ニュースデータベース)
過去の長崎電気軌道 公式情報を見る(2004年3月〜2006年1月のデータベース)
過去のヘッドラインニュースを見る(2005年4月〜の当サイトTOPページ ヘッドラインニュース)
2008年 1〜6月のニュースを見る
2009年 1〜6月のニュースを見る

TOPページに戻る


著作権の関係上原文は掲載できませんので
記事を参考として概略を掲載しています。
コメント文は当サイトオリジナルなので転載はお断りします。
※リンク先の情報削除によりリンク切れになっている場合がありますご了承ください。

●2008.12.31 紙式回数券発売終了
ICカード式回数乗車券「長崎スマートカード」導入に伴う
2008年12月の76両全車ICカード対応完了(ツーマン車除く)に伴い
紙式回数券は12月31日で販売終了となった。

平成21年9月30日まで有効。
払戻期間…平成21年10月1日〜12月31日

(参考:紙式回数券より)
●2008.12.29 第5回「長崎の街に似合う カラー電車コンテスト開催」
第5回を迎える「長崎の街に似合う カラー電車コンテスト」 が今年も開催される
あなたが乗ってみたいと思う車両、長崎の街にピッタリ!と思う お気に入りのカラー電車に投票。
ご応募いただいた方の中から抽選でJR旅行券50,000円分など素敵なプレゼントが当ります。

■対象車両
平成19年11月〜平成20年10月の間に運行されたカラー電車が対象。
対象車両デザインは弊社ホームページ・ポスターをご覧下さい。

■応募期間
平成21年1月1日〜2月28日

■審査発表
平成21年3月予定
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年12月29日記事
●2008.12.28 路面電車を松ヶ枝、旭大橋方面へ延長検討
12月26日の国の「都市再生総合整備事業決定を受けた長崎市中心部と臨海地域約1360ヘクタールが
国の都市再生総合整備事業の実施区域に指定されたことを受け
長崎県と市は路面電車に関する新しい延長構想を明らかにした。

長崎駅高架化周辺整備に伴い旭大橋を低床化。路面電車が通行できるようして浦上川対岸への延長構想を明らかにした。

一方、10万トン級の世界最大級の大型客船が接岸可能な長崎市の長崎港松が枝国際観光船埠頭に、
長崎県が路面電車を延伸させる方針を固めたことが12月27日分かった。
観光客に人気がある路面電車で埠頭と市街地をつなぎ、利便性を高めることで
クルーズ客の域内観光を活発化させる狙い。

県の構想によると、長崎市街地から市南部へ向かう国道499号上の路面電車を分岐し、
県が同埠頭に2009年度完成を目指す国際旅客船ターミナルビルの脇まで約400メートル延伸。
「路面電車と国際船埠頭がつながれば、港町・長崎の魅力が増す。
外国人観光客が長崎市内で買い物をする機会も増えるのではないか」と期待を込めている。

県は路面電車を運行する長崎電気軌道(長崎市)に既に構想を伝えており、
09年度当初予算案に基本計画策定費を盛り込んで、延伸に必要な整備費の負担や運行方法などを
今後具体的に協議する方針。
長崎港では1930年に当時の上海航路の埠頭と鉄道を直結させるため、長
崎駅南側に線路を延ばし長崎港(みなと)駅が開業。
終戦で上海航路がなくなるまで、日本と中国大陸を結ぶ玄関口としてにぎわった歴史がある。

来年夏ごろまでに基本計画をまとめる予定。
(参考:西日本新聞 2008年12月27日・28日記事)
●2008.12.26 長崎駅前再開発の都市計画決定、路面電車新駅乗り入れへ
JR長崎駅前の再開発と長崎本線の立体交差について国の同意を経て
12月26日付けで県と長崎市は
JR長崎駅を中心に平和公園付近からグラバー邸付近にかけての市街地(約1360ヘクタール)が
国の「都市再生総合整備事業」の指定を受けたと発表した。
指定により、域内で行う公共事業の補助対象が拡大する。また、同日付で県の
JR長崎線立体交差事業と同市の長崎駅周辺土地区画整理事業が都市計画決定した。
都市計画は学識経験者などで作る審議会で協議されてきたもので、
公共事業の認可に先立つプロセスの一つ。
駅前の再開発計画では駅舎を今より150メートル西側に移し、
JRの車両基地の跡地などを路面電車の駅舎乗り入れや、東西の駅前広場の整備などを行う。駅舎南側の長崎魚市跡地には、県が県庁舎の移転方針を示している。
また線路と道路の立体交差事業に伴い長崎駅から浦上駅付近までの2.4キロを高架化。
26日の決定で計画は正式なものと認められ、今後は年度内の認可を目指す。

県と同市は、九州新幹線長崎ルートや松が枝国際観光ふ頭など広域交通拠点の整備を進め、
大正−昭和初期に長崎が果たした「国際ゲートウェイ(玄関口)機能の再生」を目指したい考え。
県と同市が策定をする基本計画の骨子は
(1)新幹線と国際航路・離島航路の接続
(2)長崎駅周辺・松が枝国際観光ふ頭・中心商業地域などで官民一体の開発整備
(3)歴史・文化・観光資源の保全・再生整備と景観保全
(4)道路・公共交通・歩行者動線などネットワーク整備
(5)回遊コースの開発、国際クルーズなどソフト施策−を推進する。基本計画策定の時期などは未定。
(参考:KTN 2008年12月26日放送、長崎新聞ホームページ 西日本新聞 2008年12月27日記事)
●2008.12.16 全対象車のICカード対応工事が終了
国・県・市の2007年度補助金事業を受けて、2007年秋から準備工事がスタート
2008年1月10日より5両で自動両替器付運賃箱の運用を、3月20日より16両でICカード(長崎スマートカード)
の運用を開始。
2008年度補助金事業で残りの車両への自動両替器付運賃箱設置、ICカード対応工事を急ピッチで行い
12月16日の2002号改造竣工を持って全ワンマン車76両への設置改造工事を完了した。
なお、ツーマン車151号 168号は改造対象外となっている。(残り2両は花電車用)
(情報提供:長崎電気軌道(株))
●2008.12.12 路面電車追突事故で九州運輸局 長崎電気軌道に警告
九州運輸局は12月12日、長崎市内で11、12日の両日、相次いで路面電車の追突事故を起こした
長崎電気軌道(松本容治社長)に警告書を交付し原因と再発防止策を文書で速やかに報告するよう求めた。
 九州運輸局で警告書を受け取った松本社長は「各種研修などを通して安全対策を講じてきたつもりだが、このようなことが二度とないよう違う観点からあらためて対策を考えたい」と語った。
同局は同社の管理体制などを確認する査察の実施も検討しているという。
(参考:長崎新聞ホームページ 2008年12月13日記事)
●2008.12.12 路面電車同士が追突、2日連続 通勤客ら1900人に影響
12月12日午前7時35分ごろ、長崎市茂里町で、信号待ち停車中の正覚寺下発赤迫行きの路面電車
に蛍茶屋発赤迫行きの路面電車が追突。二台の電車には、それぞれ約30人が乗っており
追突した電車に乗っていた40歳代の男性が腹部に痛みを訴えているという。

この事故で、赤迫方面へ向かう電車約30台が立ち往生し、折り返す予定の赤迫、浦上車庫発の計十本も運休。
通勤通学客ら約千九百人に影響が出た。

路面電車同士の追突事故は11日にも、同市魚の町の公会堂前電停で発生している。

長崎警察署が事故の詳しい原因を調査中。
(参考:長崎新聞ホームページ 2008年12月13日記事)
●2008.12.11 落ち葉でスリップ? 路面電車追突
12月11日 朝9時前、長崎市の公会堂前の電停電停で、
蛍茶屋行きの路面電車に、後ろからきた電車が衝突しました。2台の電車には、合わせておよそ30人が乗っており、
追突された電車の女性(24)が腕を打撲したほか男性運転士(43)もけがをしました。

事故の原因については調査中ですが、追突した車両の運転士によりますと、
当初の停車位置よりも、8メートルほどオーバーランしたということで、
街路樹などの落ち葉により車輪がすべったことが事故の原因ではないかと見て詳しく調べています。

長崎電気軌道では、レールの上に砂を撒くなどの対策を取っていたということです。
この事故の影響で蛍茶屋から正覚寺下と石橋間がおよそ40分間不通となりました。
(参考:KTN NBC 2008年12月11日放送)
●2008.11.22 12月の一部金曜日は運行時間を延長
毎年恒例の年末の忘年会シーズンに合わせ、公共交通機関の利用を促進して飲酒運転撲滅を図るため、
運行時間を延長する。

●運   行   日 平成20年12月5日(金)・12日(金)・19日(金)
●本      数 1日あたり5本
●運 行 系 統 1号系統 正覚寺下→(大波止経由)→赤迫

正覚寺下 長崎駅前 浦上車庫前 赤  迫 備  考
23:00発 → 23:11発 → 23:22発 → 23:28着 通常は浦上車庫前行き
23:08発 → 23:18発 → 23:30発 → 23:36着
23:16発 → 23:26発 → 23:38発 → 23:44着
23:24発 → 23:34発 → 23:46発 → 23:52着
23:30発 → 23:40発 → 23:52着 − 浦上車庫前行
※上記便以外にも、混雑時間帯に合わせ増便を行います。
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年11月22日記事
●2008.11.22 初詣電車運行について
毎年恒例の初詣電車を運行する
○運行系統:2号系統
  赤迫 発 → 長崎駅前 → 大波止 → 西浜町 → 諏訪神社前 → 蛍茶屋 着
  蛍茶屋 発 → 諏訪神社前 → 西浜町 → 大波止 → 長崎駅前 → 赤迫 着
○運行時間
  2008年12月31日(水)〜2009年1月1日(木)
  ☆蛍茶屋発→赤迫行・・・蛍茶屋発23:08〜1:40(1:40発は浦上車庫前行。赤迫行は1:32発迄)
  ☆赤迫発→蛍茶屋行・・・赤  迫発23:00〜1:32
○運行間隔
  おおむね8分間隔
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年11月22日記事
●2008.11.20 長崎駅の再開発計画承認
長崎駅の再開発計画が承認
九州新幹線長崎ルートの着工にあわせて、JR長崎駅周辺の整備計画を話し合う県の審議会が開かれ
線路を高架にしたり、駅を移動して新しく建て替えたりする大規模な再開発計画が承認されました。

この審議会は、新たな都市計画で土地の利用方法が変更される場合に、有識者などが検討を行うもので、
九州新幹線・長崎ルートの着工にあわせたJR長崎駅周辺の整備計画について
県都市計画審議会(中島安盛会長)の14人の委員が検討しました。
都市計画の「決定」を承認した。
▼JR長崎駅から浦上駅の先までの2.4キロの線路をすべて高架化、
竹岩橋、梁川橋、宝町、幸町の4つの踏切廃止、踏切に伴う交通渋滞や踏切事故を解消し、長崎、浦上両駅も高架化。
▼長崎駅から150メートルほど西に、新幹線と在来線、路面電車を合わせた駅を新たに作る
▼JRの車両基地の跡地などおよそ19ヘクタールを駅前広場や公園などに整備

およそ570億円に上る総事業費は、国、市、県そしてJRが負担し、15年後の完成を目指しています。
県、同市の実質負担は各約百億円。
県と市では、今年度中に国からの正式な認可を受けて、都市計画決定の見込み。
長崎市が実施する長崎駅周辺土地区画整理事業と合わせ、県都長崎の玄関口の再開発が動きだす。
関連する同市の長崎駅周辺土地区画整理事業では、新駅の両側に交通広場を設け、
バス・タクシー、自家用車の乗降場、駐車場を設ける計画。多目的広場も設けるほか、
駅舎が移動するため、路面電車を構内に引き込む「トランジットモール」線も整備する方針
 
県、同市は1997、98年度から両事業について調査・設計を開始。
今年5月以降は、説明会や公聴会を複数開き、意見集約を進めてきた。
(参考:KTN NHK 2008年11月20日放送、長崎新聞ホームページ 2008年11月21日記事)
●2008.11.20 新カラー電車「ペルルリュミエール」号登場
1304号が新カラー電車「ペルルリュミエール」号(2両目)になって登場
(参考:長崎のちんちん電車カラー電車情報
●2008.11.18 路面電車とバイクが衝突 男女2人軽いけが
11月18日日午前8時5分ごろ、長崎市桜町の交差点で、路面電車の軌道敷内に入った
オートバイに後方から来た赤迫発蛍茶屋行の路面電車が衝突した。
オートバイは転倒し、運転していた男性と後ろに乗っていた女性が頭や手足に軽いけが。
路面電車の約70人の乗客にけがはなかった。
男性が後方をよく確認せずに、右折しようと軌道敷内に入ったとみて、事故原因を詳しく調べている。
長崎電気軌道によると、24分後に運転を再開したが、計7両、約400人に影響が出た。
(参考:NIBニュース 2008年11月18日放送、長崎新聞ホームページ 2008年11月19日記事)
●2008.11.17 ラッピング車「お絵かき電車」号登場
503号がラッピング電車「お絵かき電車」号になって登場。
11/16の路面電車まつり会場で参加者に描いてもらった作品を掲示した電車で約1ヶ月間運行
(参考:長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.11.16 路面電車まつり開催
路面電車を広くPRしようと長崎市大橋町の長崎電気軌道浦上車庫などで
「路面電車まつり」が開かれ、会場は朝早くから行列ができました。

長崎市では1915年11月16日に路面電車が運行開始。
まつりは2000年から毎年開催していて9年目。

今年は展示にも工夫が凝らされ9両を展示。
実際に運転席に座ってのハンドルやブレーキ操作の体験や、部品の販売
明治期に製造された日本最古級の木造電車「168号」は、
整備用の施設を使って車体の下からの見学も行われた。
(参考:KTNホームページ 2008年11月17日放送 読売新聞  2008年11月17日記事)
●2008.11.13 「長崎の路面電車」絵画 入賞作品発表!
11月16日(日)開催の「路面電車まつり」にあわせて小学生以下限定で「長崎の路面電車」をテーマに絵画を募集
応募作品の中から審査した結果、入賞作品が決定。
長崎西洋館2Fギャラリーにてご応募いただいた全ての作品、総数131点を展示中です。
11月30日まで期間延長の場合あり。
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年11月13日記事
●2008.11.13 路面電車まつり 701・1051号に特製系統版取付
11月16日の路面電車まつりで運転される「遊覧電車」、「帰宅電車」に長崎電気軌道様のご好意で
路面電車まつり始まって以来初の記念系統版を取り付けて運転していただく事になりました。
撮影される方のために、「青」「赤」の入れ替え、及び系統版なし便を設定します。
※雨天、その他事情により装着できない場合もあります、予めご了承ください。
※特製系統版に関する長崎電気軌道様へのお問い合わせはご遠慮ください。

701号(元東京都電 2000形の残存最後の可動車)
1便 路面電車まつり会場10:30発→赤迫→路面電車まつり会場10:55頃着
2便 路面電車まつり会場12:00発→赤迫→路面電車まつり会場12:25頃着
3便 路面電車まつり会場13:30発→赤迫→路面電車まつり会場13:55頃着
4便 路面電車まつり会場15:00発→赤迫→路面電車まつり会場15:25頃着
帰宅電車 路面電車まつり会場16:00発→正覚寺下→(営業運転)浦上車庫16:50頃
1051号(元仙台市電 100形の残存国内最後の可動車)
1便 路面電車まつり会場11:15発→赤迫→路面電車まつり会場10:40頃着
2便 路面電車まつり会場12:45発→赤迫→路面電車まつり会場13:10頃着
3便 路面電車まつり会場14:15発→赤迫→路面電車まつり会場14:40頃着
帰宅電車 路面電車まつり会場16:00発→赤迫→(回送)浦上車庫16:25頃
ピンク色…赤色系統版、青色…赤色系統版で運転、白色…系統版なしで運転
●2008.11.4 公式サイトに路面電車まつり詳細情報掲載
内容はこちらをご覧ください。
新しい情報として
・本社3階会場にペーパークラフトコーナー新設
・8号線に架線車展示(試乗体験はありません)

長崎電気軌道公式サイトに会場案内図が掲載されました
事前にスタンプラリーの場所など確認ください。
参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年11月4日記事

●2008.11.2 新カラー電車「長崎歴史博物館」号登場
1502号が新カラー電車「長崎歴史博物館」号になって登場.
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年11月12日記事、長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.11.1 「ココウォーク」開業から1ヵ月、路面電車の利用者1割増
長崎バスが10月1日、長崎市茂里町に建設した複合商業施設「みらい長崎ココウォーク」が開業1ヶ月を迎えた。
好調な滑り出しで来客数は見込みを10万人上回る120万人となる一方、
複合映画館も競合する同市尾上町のアミュプラザ長崎は、10月の売上高・来客数が前年より約1割減。
同市元船町の夢彩都や同市浜町の浜屋も来客数が減少。
 一方、周辺の交通渋滞については、県警は「公共交通機関を利用する人が多く、目立った渋滞はなかった」と評価。
長崎電気軌道によると、路面電車の利用者は前年より1割近く増えたという。
(参考:西日本新聞 2008年11月1日記事)
●2008.11.1 長崎路面電車まつりで遊覧電車(無料)運転
11月16日(日)に開催される「路面電車まつり」で会場(浦上車庫内特設のりば)〜赤迫往復で運転される
遊覧電車の概要が決定しました。例年通り、当サイト限定で長崎電気軌道様提供の運行ダイヤを公開します。
※途中乗降はできません。車内ではボランティアスタッフによる説明案内を予定しています。
※昨年から増便された7便運行のまま、2両運行体制となります。
※以下、企画段階であるため内容が変更になる場合があります、予めご了承ください。
701号(元東京都電 2000形の残存最後の可動車)
1便 路面電車まつり会場10:30発→赤迫→路面電車まつり会場10:55頃着
2便 路面電車まつり会場12:00発→赤迫→路面電車まつり会場12:25頃着
3便 路面電車まつり会場13:30発→赤迫→路面電車まつり会場13:55頃着
4便 路面電車まつり会場15:00発→赤迫→路面電車まつり会場15:25頃着
1051号(元仙台市電 100形の残存国内最後の可動車)
1便 路面電車まつり会場11:15発→赤迫→路面電車まつり会場10:40頃着
2便 路面電車まつり会場12:45発→赤迫→路面電車まつり会場13:10頃着
3便 路面電車まつり会場14:15発→赤迫→路面電車まつり会場14:40頃着
長崎電気軌道公式サイトにも掲載されましたこちらをご覧ください
さらに、初企画! 701号、1051号を「帰宅電車」(無料)で運用します!
701号   路面電車まつり会場16:00発帰宅電車(無料)【1系 正覚寺下行き】 ※途中からの乗車不可
       →折り返し正覚寺下発【1系 浦上車庫行き】で営業運転

1051号  路面電車まつり会場16:00発帰宅電車(無料)【赤迫行き】 ※途中からの乗車不可
       →折り返し赤迫発(回送)
※折り返し運用は予定です、変更になる場合があります。

今年の「路面電車まつり」は最後まで注目です!

その他詳細情報はこちらをご参照ください。
(情報提供:長崎電気軌道)
●2008.10.31 新カラー電車「じんけん2008」号登場
367号が新カラー電車「じんけん2008」号になって登場。
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年11月15日記事、長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.10.17 カラー電車「ぜに屋」号が塗装リニューアル
505号カラー電車「ぜに屋」号が塗装をリニューアルして再登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年10月25日記事, 長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.10.15 路面電車と車2台が衝突
10月15日午前8時すぎ長崎市文教町で右折していた軽ワゴン車に後ろから来た路面電車が衝突
車を運転していた男性がけがをしました。
軽ワゴン車は30mほど引きずられ、渋滞で止まっていた乗用車に衝突。
電車の運転士は「突然車が右折してきた。ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話している。
(参考:NCCニュース2008年10月15日放送)
●2008.10.14 鉄道の日に明治電車168号営業運転

10月14日鉄道の日を記念して
恒例の168号が全線営業(一部区間回送扱い)で運行されました。



※画像提供:長崎路面電車の会 鮫島さん
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年10月15日記事
●2008.10.13 JR長崎駅で「鉄道の日・大感謝祭2008」開催
「鉄道の日」を記念して連休最終日の13日、JR長崎駅で、
鉄道を身近に親しんでもらうイベントを開催。
今年初めて、長崎電気軌道も参加、1号電車レプリカ運転台展示や電車グッズ販売が行われた。
JR側では787系「リレーつばめ」の展示
蒸気機関車の向きを変える転車台
線路の保守作業で使う車両の見学など「鉄道探検隊」のイベント
オリジナルグッズ販売や、長崎―博多間を走る白い「かもめ」の模型展示、
沿線自治体の特産品を販売する「よかもん市」なども実施。
今年は例年を上回る約2000人が訪れた。
(参考:NBCニュース2008年10月13日放送、毎日新聞 Yahooニュース 2008年11月5日記事)
●2008.10.11 長崎路面電車まつり概要速報!
長崎電気軌道様よりどこよりも早い速報いただきました
今年の特徴は「遊覧電車」の変更
従来の168号から旧東京都交通局(701号)と旧仙台市交通局(1051号)の2両に変更になりました。めったに走る機会がないこの2両に一度に乗れるチャンスとなります。
※以下、企画段階であるため内容が変更になる場合があります、予めご了承ください。

●開催日時:11月16日(日)10:0〜16:00
<浦上車庫会場>
・資料室の開放 ・電車模型展示 ・ペーパークラフトコーナー
・抽選会 ・縁日コーナー ・他都市電車、超低床路面電車の展示見学
・ビール電車展示 ・架線車展示 ・IC コーナー ・お絵かき電車
・記念写真ボード ・電車グッズ販売 ・電車部品販売 ・ミニ電車体験
・遊覧電車(今年は、旧東京都交通局と旧仙台市交通局の2 両で運行!)
・運転操作体験 ・スタンプラリー ・無料帰宅電車
<長崎西洋館会場>
・こども絵画展 ・ダーツ大会 ・ミニコンサート
(情報提供:長崎電気軌道)
●2008.10.11 長崎路面電車カレンダー、電車絵葉書発売開始!
長崎電気軌道では2009年カレンダーと新商品の「電車絵はがき」を本日から西町営業所(浦上車庫)などで発売開始する。
なお、10月13日(祝)に開催されるJR九州長崎駅の鉄道の日イベント
「鉄道の日大感謝祭2008」でも販売される。
●「電車絵はがき」5枚セット100円‥168号、3000形3両並び、他都市からの電車5両並び今昔写真
●2009年電車カレンダー‥B3 6枚綴り 600円

電車グッズ発売個所
■西町営業所・・・・・浦上車庫前電停横(定期券発売所)
■蛍茶屋営業所・・・蛍茶屋電停横(ファミリーマート2階)
※営業時間・・・7:00〜20:00(年中無休) TEL 095-845-4111
詳しくはこちらをご参照ください
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年10月12日記事
●2008.10.9 11/23ながさき県民大学「浜んまち界隈キャンパス」で路面電車講座
「かなえよう、昔からの夢」をテーマに
浜んまち界隈の店舗でお店の方を講師とした大人のための入門講座

テーマ「路面電車をより楽しく知ろう」

公共機関のひとつとしての路面電車を、いろんな角度からお話しいたします。
●実施日時 11月23日(日) 14:00-15:00
●開催場所 長崎市東古川町 電車レストラン きっちんせいじ 
●受 講 料 1名につき500円(おやつ付)
●1 講 座 60分程度
●1回あたり募集数 15名程度
●申込締切 11/18(火)
●問合せ・申込み 
 TEL 095-822-7612 (きっちん・せいじ)
 TEL 095-857-3348 (長崎路面電車の会 坪口)
どなたでも参加できます。受講希望の方は、お電話でお申し込みください。完全予約制です。
◎申込先/各店舗の「問合せ・申込み」の電話番号へ(下記の地図上の講座名をクリックすると記されています)。
◎締切/11月18日(火)まで。
募集数が限られていますので、ご予約はお早めに。
※11/16(日)開催、路面電車まつり会場内 3階電車模型展示「長崎路面電車の会」ブースでも受講申込みを受付
(参考:ながさき県民大学
●2008.10.8 長崎電軌 技術系事務職を募集
長崎電気軌道では来春新卒予定者の技術系事務職正社員を募集している。
対象学歴 電気または機械工学系学部学科(平成21年3月に4年制大学卒業見込
 または大学院を修了の方、並びに既卒者25歳まで)

○採用予定・募集人員
平成21年4月1日(水) 入社予定
若干名

詳しくは長崎電気軌道(株)公式サイト をご覧ください
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年10月8日記事
●2008.10.2 ラッピング車「路面電車まつりPR」号登場
503号が恒例のラッピング車「路面電車まつりPR」号になって登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年10月2日記事, 長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.9.26 新カラー電車「docomo」号登場
1204号が新カラー電車「docomo」号になって登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年10月8日記事、長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.9.26 JR九州の鉄道の日に長崎電気軌道が初参加
10/13(祝)に開催されるJR九州長崎駅の鉄道の日イベント
「鉄道の日大感謝祭2008」に長崎電気軌道が初参加する
10:00〜16:00
路面電車グッズ販売、1号電車レプリカ運転台展示、路面電車パネル写真展示など。
(参考:JR九州長崎支社ホームページ 2008年9月25日記事
●2008.9.25 裁判員制度、路面電車に告知広告
 来年5月から始まる裁判員制度。候補者への通知が目前に迫り、来月の「法の日週間」(1〜7日)に合わせて長崎地検が
発注。
車体の片面に「平成21年5月21日から裁判制度が始まります」「今年12月ごろに、裁判員候補者には通知が届きます」などのお知らせが書かれている。25日、長崎市内で運行を開始。2両あり、10月末まで運行する予定。
(参考:毎日新聞 Yahooニュース 2008年8月1日記事
●2008.9.25 元仙台市電1051号が営業運転
午前9時前に営業運転を目撃
動画はこちらhttp://jp.youtube.com/watch?v=DB9XtOfMJ5k
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年9月25日記事
●2008.9.25 長崎路面電車まつりは11月16日開催
毎年恒例の「路面電車まつり」は、今年は11月16日(日)10〜16時に開催される。
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年9月25日記事
●2008.9.25 「長崎の路面電車絵画募集」
今年も11月に開催される「路面電車まつり」で展示される「路面電車絵画募集」が始まった
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年9月25日記事※画像提供:長崎電気軌道
●2008.9.25 10/14鉄道の日 「明治電車168号運行」
明治5年(1872年)10月14日、新橋〜横浜間に日本で初めて鉄道が開通た。
その日を記念して、鉄道の発展を祝うとともに、鉄道が広く国民に愛され、役割について国民の関心が高まることを願い、平成6年に「鉄道の日」が制定されました。
10月14日「鉄道の日」に合わせ、弊社では明治電車168号の記念運行をします。
今回はダイヤが一部変更となり最終便が3系から2系に変更となり、乗車チャンスが増大してます。

【使用車両】  168号電車(明治44年製造、木造車)
【運行日時】  平成20年10月14日(火)10:20〜15:27
※交通事情により遅着する場合がございます。また荒天時運休する場合があります。
【運行ダイヤ表】 ←クリックください(長崎電気軌道:提供)
※営業区間のみ(黄色部分)乗車可能です。
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年9月25日記事
●2008.9.24 2007年の路面電車脱線事故、立件見送りへ
2007年5月19日と24日、長崎市公会堂前電停そばの交差点の同じ場所で路面電車が2度脱輪。事故地点を含む区間は約2カ月にわたり運休し、市民生活に大きな影響を与えた事故で、長崎署と県警交通部が同社と運転士の立件を見送る方向で検討していることが24日、分かった。
国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は今年7月、2件目の事故について、 事故の前に補修したカーブのレールの幅に誤差があったことや1回目の事故の後に行った補修作業が不適切だったため、脱線防止用の「ガードレール」といわれる部品の補修が不適切だったと結論付ける報告書を公表。
県警も二件目の事故を対象に、部品の補修作業や速度に問題がなかったか業務上過失往来危険容疑を視野に捜査していた。
しかし、会社が定めていた時速15キロ以下で走行していた可能性が高く、同委員会が不適切と指摘した補修作業の直後に脱線区間を通過した約800本の電車は事故を起こしていない。
当時の速度を調べられる車内の計器などもないため、事故との因果関係の立証は難航。事故を予見することはできなかったとし、会社と工事責任者、運転士の責任は問えないと判断したとみられる。
(参考:長崎新聞ホームページ 2008年9月25日記事、読売新聞 2008年9月27日記事、NBCニュース2008年9月25日放送)
●2008.9.22 路面電車故障30分立ち往生
22日午前9時25分ごろ、長崎市魚の町の市公会堂前交差点で、赤迫発蛍茶屋行き路面電車がパンタグラフからモーターにつながる銅線がモーター付近で切れ、突然動かなくなった。
約30分後、故障車両に後続の電車を連結して現場から動かし運行を再開。
この間、長崎署の警察官が交通整理に当たるなど一時騒然となった。
(参考:西日本新聞 2008年9月22日記事)
●2008.9.3 路面電車の運転士を書類送検
今年4月、長崎市 出島町で42歳の男性運転士が運転する路面電車が自転車に乗っていた長崎市の当時74歳の男性をはねて死亡させた事故で、警察は、この男性運転士が「安全な速度や方法で進行する注意義務を怠った」として、3日業務上過失致死の疑いで長崎地検に書類送検しました。
また、横断していた男性についても「路面電車の進路を妨害した」として、道路交通法違反の疑いで容疑者死亡のまま書類送検しました。
長崎電気軌道は「安全運行のために今後も事故防止対策を実施していく」とコメントしている。
(参考:NBCニュース NIBニュース 2008年9月3日放送
●2008.9.1 新カラー電車「九州生乳販運」号登場
1505号が新カラー電車「九州生乳販運」号になって登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年8月28日記事, 長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.8 紙式回数券 12月で発売終了
ICカード式回数乗車券「長崎スマートカード」導入に伴い
かねてから来年9月での利用終了がアナウンスされていた
紙式回数券の表紙に具体的な発売終了、払い戻し期間が入られた。

○発売終了…平成20年12月31日
○使用期限…平成21年9月30日
○払戻期間…平成21年10月1日〜12月31日

これにより、「今年度中」とされていた全ワンマンカーへのICカード対応工事が年末までに終了する事が明白になった。
(参考:回数券)
●2008.8.27 電車ついに値上げ? 24年ぶり 来年度以降
長崎電気軌道は人口減やマイカー利用者の増加などの影響で乗客数は1994年の約2180万人をピークに減少。
2007年度の乗客数は5年前の02年度に比べると約101万人減の約1960万人、
輸送収入も約9500万円減の約16億7000万円に落ち込んだ事、
今後、電気料金や車両やレールで使う鋼材価格の高騰の影響が見込まれる上、
10年度以降にバリアフリー(低床)車両を増やすための設備投資を予定しているため
全国で唯一続けてきた100円均一運賃(大人)を
来年度以降値上げする方針を明らかにした。

同社の運賃値上げは1984年に90円から100円に上げて以来。時期や値上げ額は未定という。
(参考:西日本新聞 2008年8月27日記事)
●2008.8.27 来春値上げは? 松本長崎電気軌道社長(58歳)インタビュー
●若い社長のメリットは?
社員との年齢が近いので、今まで以上に色々な提案ができのでは? 社員がやりたい事をかなえる社長になりたい。

●どこまで乗っても、大人100円の長崎のチンチン電車。
この春、一枚のICカードで電車にもバスにも乗れる、長崎スマートカードを
導入するなど、利用客の確保にむけさまざまな手を打ってきました。
しかし、観光客の減少、少子高齢化などで利用客はピーク時の
年間2200万人から1900万人台に減っています。
経営的には、100円運賃の値上げは避けられないといいます。

いつまでも継続するのは難しい。設備の充実、バリアフリー化の為にも必要。
少なくとも今年度中に値上げするつもりはない。
来年度以降、真剣に考えたい。
運賃値上げしても、均一運賃の日本一の安さは守りたい。大幅な値上げはしない。

●去年5月、長崎電気軌道は公会堂前で、2度にわたる脱線事故を起こしたほか、
180件を越える事故隠しも発覚し、批判を浴びました。

こうしたことへの反省を踏まえ、長崎電気軌道では4つの委員会を設置、
社内のチェック体制の強化や情報の共有化など、ソフト・ハード両面での
事故防止策を進めています。

ハード面では出島地区での死亡事故を教訓にして、警察・市の協力を得ながら
横断歩道の設置、カラー舗装、電車警告灯を設置することで1件でも事故を減らしたい。
今後も設置の要望があれば検討したい。

●すっかり夏の風物詩として定着したビール電車。
この夏も予約で一杯でした。
松本社長は、路面電車の日などを活用して、電車を知ってもらい、
市民との関わりを深める、さまざまなイベントを今後、
さらに充実させていきたいと言います。

路面電車が、環境にやさしい乗り物というアピールも忘れません。

鉄道・路面電車が環境に優しいと言われているが、二酸化炭素の排出量は自動車の約9分の1。
それをアピールして、利用促進につなげたい。
乗客が増えれば環境改善・保護に貢献する事になる。

●おととしから日本で初めて、富山市に導入された、
富山ライトレール。
環境や高齢者など、交通弱者に配慮し、バリアフリー化が進んでいます。
自動車に頼らない、新たな街づくりを目指す、次世代型路面電車システムとし、
全国の注目を集めていますが、コスト負担の大きさが普及のネックになっています。
長崎電気軌道も平成16年から、超低床車両を導入。
車椅子やベビーカーでの利用がしやすいよう、バリアフリーの工夫がなされ、
グッドデザイン賞なども受賞しています。

超低床式車両を3両導入しているが3両では不足している、しかし価格が非常に高く(1両2億円強)
経営が厳しい中では、今年、来年は導入は厳しく平成22年度から増車したいと思っている。
ライトレールは「街づくり」の一環としての位置付けがあるので、長崎でも街づくりに欠かせない
という明確なポジションを得られれば、ライトレールの方向へ近づけるのではと思っている。
(参考:NBCニュース 2008年8月27日放送
●2008.8.24 168号が貸切走行
明治電車168号が貸切走行しました
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年8月24日記事
●2008.8.18 3002号もスマートカード対応車に
3002号も対応しているのを確認。3000形は全車対応完了です。
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年8月18日記事
●2008.8.8 新カラー電車「AXIA UNION」号登場
361号が新カラー電車「AXIA UNION」号になって登場
同時に、360・370形初のスマートカード対応車となってます。
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年8月9日記事長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.8.7 スマートカード対応車が増加
304,305,308,216,3003号を確認
今回改装の対応車両は右の「おでこ」にもシールが貼ってあります
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年8月7日記事
●2008.7.31 路面電車の運転士や車掌 被爆死した117人の慰霊祭
長崎原爆投下時に長崎市内で路面電車の運転士や車掌として働いていて被爆死した
死没者を弔う慰霊祭が31日、松山町の爆心地近くにある電鉄原爆殉難者慰霊碑前で営まれた。
長崎市内を走る路面電車を運行する「長崎電気軌道」では、長崎に投下された原爆で運転士や車掌、
あわせて300人のうち、およそ110人が亡くなった。
当時の運転士や遺族「長崎電鉄8月9日の会」のメンバーや長崎電気軌道の社員など約50人が参加。
花や折り鶴を供えて黙祷をささげ、亡くなった人のめい福を祈りました。
当時、18歳で運転士をしていて、被爆翌日から同僚たちの捜索活動を行ったという
同会代表の和田耕一さん(82)が挨拶。原爆が投下された直後、小学校を卒業したばかりで車掌になった
12歳の女の子の遺体を火葬したことなどに触れ、
「ほんとうに哀しかった。今思いだしても胸が痛みます。戦争が2度とおきてほしくない」と話しました。 
そして、職員や遺族は慰霊碑の前で焼香をして静かに手をあわせていました。
(参考:西日本新聞 Yahooニュース 2008年8月1日記事、NHKニュース2008年8月1日放送)
●2008.7.25 2007年路面電車脱線事故 調査委が報告書
長崎電気軌道の路面電車が2007年5月、長崎市の公会堂前電停付近の同じ場所で2度にわたり脱線事故を起こし、
路面電車は2ヶ月間にわたって、部分運休した問題で、
国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は

原 因
 @脱線乗り上がり箇所付近におけるガードレール右側面が不均一な状態にあった。
 ・右車輪の根圧が瞬間的に大きくなった。
 ・右車輪は乗り上がりやすい状態になった。
 A右車輪にかかる荷重が軽かった。

一回目の事故の後に行った補修作業で、レールの継ぎ目の溶接やレール表面が粗く、
摩擦で車輪が乗り上げやすい状態だったことが脱線につながったとする調査報告書をまとめ25日公表した。

長崎電気軌道では再発防止策として
 ・レール及びガードレールの取り替え(H19.7.7、H19.12.15〜16)
 ・ガードレールの開き防止金具を取り付け(H19.7.7)
 ・レールの摺り付け形状補正(H19.7.8〜11)
 ・クロッシング・ダイヤモンドクロッシング(レールの交差部分)の更新(H19.12.14)
恒久的対策
・レールの軌間・水準・通り・高低等のデータ管理
・補修等の軌道工事において着工前後のデータ記録と保守管理の徹底

報告書に対し
「結果を真摯に受け止め、二度とこのような事態を招かぬよう安心して利用される公共輸送機関を目指したい」
とコメントしている。
(参考:長崎新聞ホームページ 2008年7月26日記事KTNホームページ  NBCニュース 2008年7月25日放送
●2008.7 168号貸切乗車のバスツアーを夏休み期間中2社が企画
西鉄グループの西鉄旅行では産業観光、近代遺産を巡る10コースを設定
この中に西鉄創業時の製造された明治電車168号の体験乗車を含む「鉄道コース」も設定された。

●ツアー名:【九州新発見の旅】
九州発展の夢と希望を運び続けた
「屈強な小さな巨人」長崎電気軌道168号「特別体験乗車」


●出発地:小倉駅北口、引野口、福岡・天神・日銀前
●出発日:7/23 〜 09/24
●旅行代金:7,500円
●内容
168号体験乗車:大橋→松ヶ枝間
大川鉄道蒸気機関車見学
三井・三池鉄道電気機関車見学
 旧・筑紫駅待合室(戦禍の悲劇・機銃掃射の後が残る、歴史の生き証人、西鉄最古の待合所)見学
※雨天時は600/700/1050形(通称レトロ車両)に変更
※三井三池電気機関車は、機内に特別入場許可を頂き機関車の直近で、担当者の方から説明
※大川鉄道蒸気機関車前でも、地元三潴支所の方より説明


クラブツーリズムでも
夏休み期間に明治電車168号の体験乗車を含む長崎観光コースを設定

●ツアー名:
国内でも貴重!明治生まれの路面電車貸切発車オーライ!

●出発地:小倉駅、黒崎、引野口、博多
●出発日:7〜8月週末中心
●旅行代金:5,980円 〜 5,980
●内容
168号体験乗車:浦上車庫→大浦天主堂下間
嬉野・轟の滝見学
南山手地区散策

※残念ながら両ツアーともに催行されなかった模様です。
(参考:西鉄旅行 クラブツーリズム  ※情報提供:長崎電気軌道(株))
●2008.7.18 新カラー電車「AULISMO!)」号登場
1301号が新カラー電車「AU」号になって登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年7月18日記事長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.7.17 新カラー電車「積水ハウス号」号登場
1507号が新カラー電車「積水ハウス」号になって登場
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年7月17日記事長崎のちんちん電車カラー電車情報)
●2008.7.15 みらい長崎ココウォーク10月1日開業、ICカード発行
長崎自動車は茂里町に建設中の複合商業娯楽施設「みらい長崎ココウォーク」を10月1日に開業すると発表した。
同施設は年間利用者約800万人、年商約150円を見込む。
買い物と自社バス運賃の精算機能を連動した集積回路ICカード「ココカラーカード」を発行する。
バスや路面電車で来店し買い物をすると、ポイントとして運賃に還元する予定。
(参考:長崎新聞ホームページ 2008年7月16日記事
●2008.7.10 納涼ビール電車運行開始
納涼ビール電車今年も出発しました。
(参考:長崎の鉄道情報JPG掲示板 2008年7月10日記事
●2008.7.9 電車でプールへ「遊泳用定期券」発売
夏休み期間中に「松山市民プール」「木鉢市民プール」利用の小・中学生の方を対象に、
お得な「遊泳用定期券」を発売致する。 

【遊泳用定期券】
金額 小学生 1,500円   中学生 3,300円
利用期間 平成20年7月22日(火) 〜 平成20年8月30日(土)
発売期間 平成20年7月17日(木)〜平成20年8月8日(金)
AM7:00〜PM8:00(土・日も営業)

★ご購入時はプール利用を証明するもの(木札など)が必要。
発売場所 ・西町営業所(浦上車庫前電停横)
・蛍茶屋営業所(電停横ファミリーマート2階)
(参考:長崎電気軌道(株)公式サイト  2008年7月9日記事
●2008.7.8 納涼ビール電車 お目見
長崎の夏の風物詩「納涼ビール電車」が明日から運行するのを前に、
昨日、招待客にビールが振舞われた。
ビールの飲み放題に食事がついて1人3000円。
招待客はおよそ1時間半、ビールを片手に風情豊かな長崎市内の風景を楽しんだ。
納涼ビール電車8月12日まで。予約制のチケットはすでに完売し、キャンセル待ちの状態。
(参考:NIBニュース 2008年7月8日放送)
●2008.7.4 出島の死亡事故現場に横断歩道設置
路面電車と自転車の衝突による死亡事故が相次いだ出島町の交差点に7月4日、
再発防止のための横断歩道が設置された。
ここでは去年12月と今年4月に路面電車と自転車の衝突事故が2件発生2人が亡くなっている。
交通量も多く見通しが悪いため
今年4月には警察や住民、長崎電気軌道など、関係者による現場診断が行われ横断歩道設置などの要望が出た。
この交差点には今月中にも電車の接近を知らせる警告灯も設置され、また交差点もカラー舗装される予定。
(参考KTNホームページ  2008年7月4日放送
●2008.7.3 “最安運賃”の長崎電気軌道、来年度以降値上げ方針
 長崎市で路面電車を運行する長崎電気軌道の松本容治社長は
全線均一運賃としては国内で最も安い100円(子ども50円)について、
来年度以降値上げする考えを、3日までの長崎新聞の取材に対し明らかに。
1984年6月、大人(12歳以上)運賃を10円引き上げて以来。値上げの幅や時期は未定。

輸送収入の減少などを挙げ「設備投資や安全確保に必要な軌道整備を計画的に進める上で避けられなくなった」と述べた。

 同社の2007年度の輸送人員は約1,960百万人(前年度比1.2%減)、
輸送収入は約16億7400万円(同1.3%減)。
2008年三月期決算の当期純利益は三千四百万円(前期比10・8%減)いずれも減少傾向。
全国では岡山電気軌道(岡山市)が大人140円で、一部を1999年から特別割引区間として100円に設定。
全線均一運賃としては東急電鉄(東京)の世田谷線が140円で長崎電気軌道に次いで安い。
(参考:、長崎新聞ホームページ 2008年7月4日記事

2008年 1〜6月のニュースを見る
2009年 1〜6月のニュースを見る


TOPページに戻る