鉄道ファンのみなさんへお願い


いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

さて、当サイトをご覧の皆様へお願いがあります。

最近、撮影地、並びに車庫等での「マナー低下」が激しくなってきているのをよく目にします。

そこで、社会生活において「ごく当たり前」な事ではありますが
同じ鉄道ファンとして、改めて、撮影地、並びに車庫等での行動について
お願いしたいと思います。

●車庫構内に「許可を得ず勝手に入ってる方」がいます。
・車庫構内は私有地であり許可を得ないで入ると「不法侵入」になるばかりか大変危険です。
他の人が撮影しているから入っていい訳ではありません。必ず個々に許可が必要です。
・構内は基本的には一般の方は立ち入り禁止なので、あくまでも「ご好意で入れてもらっている」事を認識し、
入場を断られる場合もあることをご理解ください。

●撮影地での「危険行為」が目立ちます。
・軌道(線路)上での撮影
・安全地帯から、車体接触限界へはみ出しての撮影

・電停表示灯(防護壁)によじ登っての撮影
軌道(線路)上を走って電車を追いかける行為

「事件」が発生しています。
10月10日(日)に初めて実現した「鉄道の日イベント」での168号、701号記念運行
その終了時に当サイト作者の目の前で、
西町営業所(浦上車庫)配車室に
「鉄道ファンが怒鳴り込む」事件がありました。

本人は配車係の応対の悪さを怒っているようでしたが

配車係の仕事は「電車の安全運行を指示する」場所です。
これまで鉄道ファンへ電車の位置確認質問に返答してくれていたのは、
あくまでも「ご好意」でありそれが仕事ではありません。


今回の件で、鉄道ファンの位置確認行為が安全運行を遂行する業務に支障をもきたしかねない
と判断されたようで、「路面電車まつり」の「遊覧電車・帰宅電車 運用・時刻表」には
これをお断りする旨の注意事項が加わり、また配車室にはその旨のプレートがかかる結果となりました。

したがいまして今後は
電車の現在位置を長崎電気軌道様へ確認する行為はおやめいただくよう、
ご協力をお願いいたします。


また、今回の件で長崎電気軌道の多くの方の努力で実現した
今回の168号、701号記念運行のようなファンサービスイベントも今後も危惧される状況です。

鉄道ファンとして、イベントを企画いただいた方への感謝の気持ちを忘れずに
その場で「自分中心」の視野での行動するのではなく
自分の行為により他の方に迷惑をかけないかを今一度よくお考えの上で
社会生活での「一般常識」を充分に配慮した上での
みなさんの趣味活動を切に望み

あえてこのページを作成するに至りました。

1人の行為により、これまで「ご好意」でやっていただいていた事もできなくなり
結果として多くの鉄道ファンが迷惑しますし、ご本人も情報を得られなくなります。


当サイトにおいても、これまでより多くのファンの皆さんに楽しんでいただけるよう
長崎電気軌道様のご好意で「運行ダイヤ」の公表等
いち早く行えるよう努力してまいりましたが、今後もこのような状況が続くとそれも中止
を考えなくてはいけない
危機的状況です

今一度、ご自分の行為が上のものに該当しないか
検証の上、
皆さん一人ひとりが良識ある行動を取っていただけるよう
お願いいたします。


2009年11月1日 当サイト作者

TOPページに戻る